情報収集・処理・伝達システム

 モバイルデバイスが急速に発達する現代社会において望まれる災害情報の収集・処理・伝達のあり方・情報システムの整備方策を提言し、システムの設計を行います。また、被害想定や応急対策実務をより効率的に行い、実戦的な訓練等に活用するための被害想定や防災戦略の想定手法・策定手法を応用したリアルタイム地震被害推定システムや災害時意思決定支援システムなどの開発を行います。

 防災対策のポイントのひとつは、災害発生時のとっさの意思決定と的確な情報の収集・処理・伝達にかかっています。このため、システムの設計・開発にあたっては、過去の災害時における予警報等の伝達、災害時の行政対応、マスコミの報道と住民等の受け止め方等を踏まえ、現代社会において望まれる災害情報の収集・処理・伝達のあり方等について、当研究所が蓄積してきたノウハウを活用します。

  1. 災害時の情報収集・伝達・広報のあり方
  2. リアルタイム地震被害推定システム/災害時意思決定支援システムの開発
  3. 図上演習支援システムの開発

防災情報システムなどの設計および開発

 行政機関や消防機関の防災情報システムの基本設計、地震のリアルタイム被害推定システムの開発、図上演習支援システムの開発などを行いました。